FIGHTING DREAMERS prezentz アニソンフェスティバル
 FIGHTING DREAMERS
 
 FIGHTING DREAMERS(ファイティングドリーマーズ)
 札幌にてアニソンや東方のクラブイベントを主催している団体です。
 現在、「アニソン+フェスティバル(アニフェス)」と
 「東方夢追戦」の二本建てでお送りしています。
 両イベントとも変装・コスプレ・着ぐるみOK!。
 好きな音楽聴きながら馬鹿騒ぎしよう!というお祭り仕様の
 イベントを目指しています。



 mixiコミュ【FIGHTING DREAMERS】




Profile
Search this site.
mixiコミュ
MOBILE
qrcode
Others
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ずき
ずき,それは江別のとあるマンションに現れた謎の雀士.

ある秋の真夜中,いやそれは夏だったかもしれないし冬だったかもしれない.
僕zak-rawは,有り体に言ってゴミ屋敷だが実は必要な物が全て"床に仕舞われている"部屋,もとい完全会員制の隠れ家中の隠れ家的雀荘ClubリューイーソーのレジデントDJを勤めていた,もといDJ練習をさせてもらっていた.

日付も変わり,だらしないことに足腰に限界がきて麻雀に混ぜてもらっていると,彼は颯爽とClubリューイーソーに現れた.
常連達が\キャーズキサーン/と歓迎する.
ずきと名乗る彼は端正な顔立ち,線の細いボデーライン,柔和な微笑みで,河もよく見ずひたすらタンヤオ狙いな僕の手牌を覗き「ほうほう」と頷く.
静かに,しかし色濃くただようただ者ではないオーラ
実際,彼の打ち手は読みに富み,抜群の安定感があった.
何より,紫煙ただよい牌が飛び交う享楽的で刹那的である種退廃的な世界を知り尽くし我が物としていた.
そんな,僕にはきっと一生持てないであろう格好良さに羨望を覚えたある夜,僕は彼のことを知りたいと思った.

というわけでこれまでに知り得たずきさんの情報をまとめると,
車検に30万ほどかかるレベルで車が好き
そして
弩M

アニソン+フェスティバルなどで爽やかにスタッフをこなす彼を見かけたら声をかけてみるとよいかもしれない.きっと貴方だけの「ずき」が見つかるはず.



written by zak-raw